エストニアで住むお部屋をインターネットで探す

私たちは現在賃貸住宅に暮らしていますが、この物件はネットで探したお部屋を内見して決めました。

使ったウェブサイトはKV.EE
他にもいくつか同様のウェブサイトはあるようなのですが、ここが一番情報が充実していたのでおすすめです。

エストニア不動産サイト

開くとまずエストニア語がデフォルトで表示されますが、右上のところの国旗マークをクリックすることでロシア語、英語に言語設定を変更することができます。

左端の探す物件の種類の設定が、最初はSale (売買)になっているので、これをRent(賃貸)に変更し、タリンで探す場合はcountryをHarjyumaa(ハリュ県)、townをTallinn(タリン)に指定します。

すると地域を選ぶボックスが右側に表示されますので、住みたい地域を選んでください。

まだタリンの地域がよくわからない場合は、とりあえず中心部に住みたい場合はKesklinn、中心部までバスで10分以内ならKristiinやLasnamaeを選択してみてください。
(MAP SEARCHで地図から直接物件を探すこともできます)

あとはPrice(価格帯)と、部屋数(Room)の範囲を決めれば検索ができます。

日本でも、賃貸を探す際は、このようなウェブサイトを使用して探すことが多かったのですが、エストニアのウェブでの賃貸探しで違うなと思った点がいくつかあります。

① 部屋数が何部屋あるかしか表示されない。間取り図も基本ない。

日本だと1LDKとか3DKのような表記がされていますが、エストニアは何部屋あるかしか表示されていません。
なので2ルームの場合、日本でいう1LDKだと考えるとだいたい間違っていないと思います。

3ルームの場合は少し複雑で、2ベッドルームとリビング・ダイニングの場合もあれば、1ベッドルームと倉庫あるいは書斎とリビングダイニングのようなケースもあります。
これは写真をみて確認するしかないですね。

③ ほとんどの物件が家具付き

家具・家電・インテリア込の賃貸がほとんどです。
楽な反面、内装が気に入らない場合もあると思うので、写真で確認をすることが大事だと思います。
もっとも最初からおしゃれな部屋も多いので、選ぶのが楽しいかもしれません。

③ 礼金がない

最初の契約でかかる金額は、だいたい家賃3か月分であることが多いです。
この内訳は、最初の月の家賃 + 紹介料(1か月分家賃) + 敷金(1か月分家賃) です。
礼金はありません。
物件によって敷金が異なる可能性があるので、それは各物件の詳細ページを見て下さい。

なお、Advanced serchをクリックすることで、建物の材質や内部の状態など、さらに詳細検索をすることもできます。

決まったらエージェントに連絡を取って、お部屋を見せてもらうことになります。
エージェントが話せる言語は国旗マークで顔写真の下に表示されているので、英語ができる人を選ぶとスムーズかと思います。

※現在私たちの住んでいるマンションの空いているベッドルームを一部屋短期~中期でお貸ししています。
現地で滞在しながら部屋の内見をしたい方など、お問い合わせ下さい。

詳細はこちら

3 follow us in feedly

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です