タリン空港から市内・市内からタリン空港への移動

とってもコンパクトな街タリンでは、空港と市内は4kmしか離れていません。東京駅と成田空港は70km離れていることを考えると、とても市街地と空港が近く、移動がしやすいことがわかるかと思います。

市内で電車が走っていないタリンでは、空港からタリン市内、またはタリン市内から空港へはタクシーかバスを使って移動することになります。

なお、ハンザバスが提供していたエアポートシャトルは2013年で運行をとりやめているので注意して下さい。

タリン空港からタリン市内へタクシーで向かう

タクシーを使用する場合は、10~15分、10€~で市内まで到着します。人数が多ければバスとほとんど値段がかわりません。

ただし、エストニアではタクシー料金は統一したものが定められていません。会社ごとに料金が違うこと、また、高い値段を観光客にふっかけるドライバーも少なくありませんので注意が必要です。

不快な思いをしないためには、可能な限り空港の正式なパートナ―会社のタクシーを選ぶことが推奨されています。正式なパートナー会社はTulika TaksoTallink Takso 、Tulika Businessの3つ。到着ターミナルのドアを出てすぐ右側のタクシーステーションで待機しているタクシーとなります。

できたら、乗車前に目的地までのおおよその料金をドライバーに確認すると、より安心です。さらに念を入れるのであれば、遠回りしていないかGoogle Mapで確認しながら乗車して下さい。

はずれドライバーにあたらないためには、タクシー配車アプリを使うのもおすすめです(タクシー配車アプリについてはこちら)。

タリン空港からタリン市内へバスで向かう

タリン空港の1階にあるバス停「Lennujaam」から乗車します。空港に入っているのは2番と65番ですが、市内に向かう場合は2番に乗って下さい。65番は住宅街の方に向かうバスです。

以下は2番バスについての情報です。2番バスは、観光客にとって重要な長距離バスターミナル (Autobussijaam)、新市街(A. Laikmaa)、フェリーターミナル(Reisisadam D-terminal または Reisisadam)の全てに停まります。

新市街までは15分、そこから旧市街ヴィル門までは歩いて10分ほどです。

料金 : 紙のチケットをドライバーから購入の場合 2€

始発 : 平日   6:22   土日祝日   6:46

終バス: 平日 23:44      土日祝日 23:19

時刻表はこちら

タリン市内からタリン空港にバスで向かう

新市街(A. Laikmaa)から乗車する場合の情報です。降車は、空港バス停「Lennujaam」となります。

A. Laikmaaはショッピングモール「Viru Keskusu」の前にあり、「Tallink City Hotel」というホテルの道路を挟んだ向かい側となります。

料金 : 紙のチケットをドライバーから購入の場合 2€

始発 : 平日   5:55   土日祝日   6:20

終バス: 平日 23:22      土日祝日 22:57

時刻表はこちら

 

タリンのバスは、全てのバス停に名前があり、車内でアナウンスもされるので、他の国と比べてかなり使いやすいですが、支払いはおつりが出ないので注意して下さい。

バスの乗り方についてはこちら

滞在中バスに何度か乗る予定のある方は、キオスク(空港にも一軒あります)でバスカードを購入したほうがお得です。

以上、タリンの空港と市内の交通についてでした!タリン滞在を楽しんでくださいね。

※2016年7月時点での情報です

3 follow us in feedly

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です