タリン旧市街の大人気パンケーキカフェ「Kompressor コンプレッサー」

パンケーキといえば、日本でも原宿を中心に行列のできるお店が次々とできていますが、ここタリンにも地元の人にも観光客にも人気の旧市街にあるパンケーキカフェ「Kompressor(コンプレッサー)」があります。

エストニアでパンケーキはカフェの定番メニューで、どこのカフェにもだいたいありますが、このカフェはパンケーキに特化していて、お食事系から甘い系まで、種類豊富なパンケーキがお安く食べれます。

なお、エストニアでいうパンケーキは、どうやら日本でいうクレープを指すようなので、テーブルに食事が届けられてから、「え?注文間違ってる?」と一瞬不安に思うかもしれませんが、そのクレープっぽい食べ物が、ここでの「パンケーキ」なんです。

タリン旧市街の大人気パンケーキカフェ「Kompressor コンプレッサー」

お店はタリン旧市街のラエコヤ広場から、トームペア城の方向に抜けた通りにあります。看板などがなく、パッと見わかりづらいです。ドアの上にすごく小さく店名が書かれているのですが、よく見ないとわからないんですよね。住所の「Rataskaevu 3」のプレートのが目立つくらいなので、それを目印にして下さい。

お店の前にはパンケーキばかりが並ぶメニューがはられていて、一歩中に入ると、フライパンに絵が描かれているデコレーションが壁に並んでいます。

Austra Plešaさん(@austra.plesa)が投稿した写真


注文はレジで済ませてから、席に着く形式になっています。飲み物系はその場で提供されますが、お食事は席まで運んできてくれるので、席を確保したらパンケーキが届くのを待ちます。

このレストランが人気の理由は、美味しいのはもちろんですが、値段が旧市街ではかなりお手頃で、かつボリューム満点なこと。女性だと一個食べきれないかもしれません。ランチの後におやつで来るというより、食事に来るのが正解だと思います。

私たちは、「ココナッツとチェリーのクレープ」と、「マッシュルームとブルーチーズのクレープ」を頼みました。1人でおかず系と甘い系を食べるのはボリューム的に無理なので、シェア前提です。

といっても、同時に持ってこられるので、冷めないように同時進行で食べることになってしまったのですが・・・このお値段のお店で、提供のタイミングまでお願いはできませんね。

「チェリーとココナッツのパンケーキ」。チェリーが甘すぎず、いい感じです。

@eatsleep_travel_kanaが投稿した写真

サイズも大きいのですが、具もたっぷり入っています。夫と二人で完食できましたが、そうとうおなかいっぱいになりました。

ビールも注文して、2人で15€くらいだったので、食事&デザート&アルコールと考えると、かなりお得です。

「ブルーチーズとマッシュルームのパンケーキ」。ブルーチーズのクセはそれほど感じません。好きな人には物足りないと思いますが、誰でもおいしく食べれそうなお味。

wp-1468604114287.jpeg

img_20160706_175213.jpg

クレープは4~5€、ドリンクも2~3€と、物価高めの旧市街では破格のお値段で、雰囲気もサービスも悪くなく、どのパンケーキも普通に美味しいので、旅行中に一度は立ち寄ってもいいのではないでしょうか。

エストニアらしさを求めるのなら、おかず系クレープだとニシン(Herring)入りのものやチーズソースが使われているもの、甘い系だとベリーとフレッシュチーズ(Quark )入りのものなどがおススメです。エストニアの乳製品はとてもおいしいですよ。メニューはお店のホームページを見てみて下さい。

コンプレッサーのパンケーキ売れ筋ナンバー3

コンプレッサーのホームページに売れ筋ナンバー3のパンケーキが載っていました。注文の際の参考にどうぞ。

1位 ベーコン&スモークチーズ

燻製×燻製が一位のようです。なんですかね、このお店、夜遅くまで空いてますし、ビールのつまみに食べる人が多いんでしょうか。

2位 チキン&クリームチーズ

おかず系が2位にもランクインしています。エストニア全然関係ない素材ですが、この組み合わせが嫌いな人はまずいないでしょう。王道です。

3位 ラズベリー&コンデンスミルク

エストニアは森の面積が非常に広く(人口が少なく人があまり住んでいないともいえる)ベリーが豊富に収穫できて美味しいことで有名です。このベリーがエストニア産かはわかりませんが、ベスト3の中で唯一エストニアっぽさを感じる組み合わせでした。

なおこのお店のパンケーキの種類はなんと全部で29種類もあるそうです。現地に住んでいてもなかなか全制覇はできなさそう(というかそんなことしたら太りそう)です。

グルテンフリーも頼めば対応してもらえるみたいなので、グルテンフリー志向の方は、注文時にお願いして下さい。

サラダやスープなどのパンケーキ以外のサイドメニューもそろっていますが、とにかくパンケーキのボリュームがすごいので、おなかの空き具合を考慮しての注文が大事だと思います。

混み具合、ですが、この日は平日の夕方近くに行ったので突然行っても普通に座れました。でも、平日のランチタイムに覗いたら予約席だらけで座れなかったので、ランチで行くなら予約必須です。予約は二日前までならネットからでも英語で可能です(電話なら直前でも可)。

Kompressor

所在地: Rataskaevu 3, 10123 Tallinn

電話: 646 4210

営業時間:11時~22時

以上、タリンで人気のパンケーキカフェ「コンプレッサー」でした!エストニアのパンケーキ(=日本でいうクレープ)を是非味わってみて下さい。

 

3 follow us in feedly

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です