コンセント・WIFIあり!仕事・PC作業に便利なタリンのチェーン系カフェ

雰囲気の良いカフェの多いタリンですが、日本でいうスタバ、タリーズ、ドトールのようなチェーン系のカフェも旧市街・新市街両方に展開しています。

個人経営のカフェと比べると、値段が同じようなわりにあまりフレンドリーなサービスは期待できず、雰囲気やメニューに個性はありませんが、スタバやタリーズを思い起こさせる好き嫌いのなさそうな清潔な内装は、待ち合わせにも作業にも無難に使えて便利です。

特にこのようなチェーン系カフェは、WIFIが使えて、コンセントが豊富にある店舗が多いので、PCで作業したい人には最適なんじゃないでしょうか。たいていバーも兼ねているローカルの個人系のカフェと比べて、アルコールを飲んで賑やかにしている人もいないですしね。

そんな何かと便利なタリンのチェーン系カフェ、Reval cafeCaffeine を紹介します。

Reval cafe(レヴァルカフェ)

Kristinさん(@_kristin_30)が投稿した写真


タリンの昔の名前「Reval」を店名に持つ、タリンのスタバ的存在です。タリンには12店舗展開しており、町のどこに行ってもあります。なんとなく歩いていても何度か目にするでしょう。

シティ中心部には、旧市街に2店舗、新市街ヴィルショッピングモール内、コカコーラプラザ内にそれぞれ1店舗、カラマヤ地区のテレスキヴィ・クリエイティブセンター内に1店舗、他、カドリオルグ公園のクム美術館内とピリタビーチにも、それぞれ1店舗あります。

アルコールを含めてドリンクの種類が多く、お食事系からケーキまでフードも豊富、雰囲気もおしゃれ、店舗数も多いと、非常に使い勝手が良いカフェなんじゃないでしょうか。まさにスタバ的存在・・・。

でもスタバより食事系が断然充実していて、スターターからメインディッシュ、パスタ等がそろっているので、きちんと食事することもできます。

こちらは旧市街のラエコヤ広場近くVene店の「クリーミーサーモンパスタ」と「カモとブルーチーズのサラダ」。両方とも10€しませんが、チェーンのカフェとは思えないくらいおいしいです。ボリュームはレストランに比べるとちょっと少なめですが、逆に日本人にはちょうどいいかもしれません。

wp-1469099381229.jpeg

店舗によって雰囲気がかなり違うのと、メニューも若干異なります(特にフード)。私は個人的には、この旧市街の店舗とテレスキヴィに入っている店舗が好きです。

特筆すべきはケーキ、タルト。かなり種類が多く、味のクォリティも高いです。こんなにあると迷っちゃいますね・・・。名前が読めないケーキも多いですが、店員さんに「あの赤いやつ下さい」など適当に説明すれば、ちゃんと取ってくれます。左端にわずかに写っているニコちゃんマークのクッキーとかかわいくないですか???

kimg0276.jpg

エストニア名物のコフピーム(フレッシュチーズ)やベリーを使ったケーキもあります。こちらベリーのレアチーズケーキ。ここに限らないですが、海外はケーキの1カットがかなり大きいです。

@eatsleep_travel_kanaが投稿した写真

朝食も5€以下で頼めておいしいとの噂なので、今度試してみたいと思っています。

営業時間は店舗によって異なるのでこちらを参照してください。

Caffeine(カフェイン)

kimg0637.jpg

チェーン系カフェ2軒目のCaffeineはタリーズ的存在です。ドリンクやフードの種類は全体としては少ないのですが、カフェインという店名どおり、コーヒー系ドリンクの種類が豊富です。

ヨーロッパではめずらしくフラットホワイト(オセアニア発のエスプレッソにクリーミーなミルクがのったカフェラテの変化形飲み物)がメニューにあります。私はフラットホワイト大好きなのでタリンでも飲めて嬉しいです。最近東京でも提供するお店が増えてきてますが、まだまだマイナーなカフェメニューですからね。

Revalカフェと違って、食事系はほぼメニューになく、キッシュしか見たことがありませんが、ケーキ類はそれなりに用意されてます。

店舗数はそれほど多くなく、旧市街に二軒、新市街に二軒です → 2016年8月にショッピングセンター「Virukeskus」にも1店舗できて新市街は3軒になりました。公式ページでは旧市街はインフォメーションセンター近くの一軒しか表示されていないのですが、ラエコヤ広場のすぐ横にも一軒ありました。

コンセントの数も多く、WIFI速度も速い、そんなに混んでいるところも見たことなし、テーブル大きめと、PC作業するには一番良いカフェなんじゃないでしょうか。

食事の提供は紙コップと紙皿、プラスチックのフォークで味気ないですが、雰囲気はアメリカ系のチェーンカフェっぽい、きちんと整ったスタイリッシュな感じです。

wp-1468869522232.jpeg

営業時間は新市街の店舗は開店も閉店も早め、旧市街の店舗は逆に両方遅めと、店舗によってかなり異なります。こちらを確認してみて下さい。

「アンティーク?ただの古びた家具じゃん!」、「レンガ造り?倉庫にしかみえない!」みたいに、内装にかなり主張のあるタリンの個人経営のカフェがあまり好きでない人(うちの夫がそうです)は、このカフェの雰囲気はかなり居心地がいいと思います。

私もフラットホワイト目あてに通ってみたいと思っています。

 

以上、タリンのチェーン系カフェでした!ノマド的に働いている方、旅行の合間に充電しながらPCをつかいたい方、是非利用してみて下さい。

3 follow us in feedly

2件のコメント

  1. 7月27日に成田を出発し、ヘルシンキで一泊した後、エストニアを中心にバルト三国を行脚したいと思っています。いろいろ楽しい情報が満載されていて参考になりました。センスいいですね。

    1. 素敵なコメントありがとうございます。嬉しいです!
      今はエストニア訪問に最適の季節です、ご滞在楽しんでくださいね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です