ビーチリゾートに行ったようなタリン海辺のレストラン「NOA」

旧市街のイメージの強いタリンですが、バルト海に面しているため、実はビーチもあります。

ピリタビーチと呼ばれるこのシティからバスで30分くらいのビーチエリアは、遊泳できるビーチや海沿いのカフェがあり、ヨットがたくさん停まっている、なかなか景観の良い場所です。そんなピリタで、タリンで一番気に入ったといってもよいレストランを発見しました。

タリンのビーチ自体は、磯のにおいが強く、水もグレーっぽいので泳ぐのはそれほど魅力的ではないのですが、海沿いのカフェやレストランはおしゃれな雰囲気でバルト海に沈む夕日も眺めることができて、ビーチリゾートのような雰囲気です。

その中でもこのNOAは、すごく美しい料理を出すガラス張りの開放的なレストランで、ここにくるためだけにピリタまで遠征してもいいなと思ってしまいました。

実はタリンに来たばかりのころ、地元の人にピリタにいいレストランがあるよとおすすめされていたのですが、少し遠いので行くのをすっかり忘れていたんですね。そんななか、天気のいい日にピリタ方面を散歩していてたまたま見つけたおしゃれすぎる建物が「NOA」でした。

Ella-Claudia Haatainenさん(@ellaclaudia)が投稿した写真

Lucine Ayanianさん(@lucine_a)が投稿した写真

お店は3つのエリアにわかれていて、海に面した屋外のテラス席、ガラス張りの屋内席、少し落ち着いた感じの広めの個室のようなエリアがあります。

飛び込みで入ったのですが、16時くらいで7~8割しか埋まっておらず、屋内の海がよく見える席に案内してもらえました。ディナーやランチタイムは予約をした方がいいと思います。

wp-1471029493546.jpeg

モニュメントのようなものがテラス席の前にあるのですが、これはよく見るとNOAという店名の看板なんですね。アートっぽすぎて気づかなかったです。近づくと微妙なバルト海ですが、少し高台にあるこのレストランからはキラキラと海面が綺麗に輝いています。夕日の時間帯になる前に帰ってしまいましたが、すごくいい雰囲気になるんだろうなぁ・・・。

wp-1471029958077.jpeg

 

メニューはこんな感じ。食事はアスパラガス?のようなものの本数で値段が示されています。1本が6€で、最高5本なので、6~30€の5種類の値段しかありません。タリンの中ではわりと高めのレストランかもしれませんが、雰囲気がとにかく素敵なので、かなりお手ごろ感がありました。東京で同じような感じのレストランだと、倍くらいすると思います。ヴィーガンメニュー、グルテンフリーメニューもしっかりありました。

wp-1471029457947.jpeg

ドリンクを最初に頼んだのですが、このレストランの売りは「モクテル」。ノンアルコールのカクテルです。モクテルのコンテストで受賞経験もあるらしく、他では飲めないようなオリジナルのモクテルがメニューにあります。

もちろん普通のアルコールも頼めるのですが、私たちは2人ともあまりお酒を飲まないので、モクテルの中から、レモングラスとメロン・コリアンダーを使った「It’s Cloudy」と、梨とミントとディルを使った「Small Dill」を注文しました。

@eatsleep_travel_kanaが投稿した写真

モクテルって、ただ甘いばかりのことが多く、だいたいがっかりする味なんですが、ここで飲んだモクテルは2種類とも爽やかでハーブや果実の味がしっかりして、ほんとに美味しかったです。

妹に写真を送ったら「青汁?」という返信が返ってきましたが、メロンや梨の味がしっかりしてるので、見た目に反してそんなに草っぽくはなかったです。

ドリンクの後に料理を注文すると、黒パンがまず運ばれてきます。この流れはタリンのどこのレストランでも一緒ですね。NOAでは無駄に木箱に収まっており、なかなか存在感があります。

wp-1471029939819.jpeg

お散歩中に流れで入ったため、二人ともそんなにおなかがすいておらず、夫は前菜メニューからファラフェルスライダーを注文。ファラフェルは中東発のヒヨコマメのコロッケで、ヴィーガン、ベジタリアン向けのメニューとしてエストニアでもよく見かけます。タヒニヨーグルトソースというヨーグルト+ゴマソースが添えられていることが多いのですが、このミニハンバーガーもそのコンビでした。なので、ヴィーガンではなくベジタリアン仕様です。

wp-1471029967461.jpeg

私は、ビーフフォーを注文。タリンはエスニックの本格的なレストランがほとんどないので、フォーを食べたいと数日前から家でよく言っていたところにNOAのメニューにあったので、即決して注文しました。家でそれっぽいものは作ってみてはいたのですが、ハーブがたくさん入ったフォーがずっと食べたかったんですよね。

こちらのフォーはベトナムフォーからけっこうアレンジされていましたが、ちゃんとおいしかったです。ビーフのレア感がいい感じです。

wp-1471029978880.jpeg

最後はデザートにゴートチーズケーキを注文して、大満足の早めディナーを終えました。このデザートはゴートチーズを使ったケーキにラズベリーとバジルアイスクリームが添えられています。パッと見だとチーズケーキだとわからないおしゃれなデザートでした。

モクテルのディルやコリアンダー、レモングラスや、このデザートのバジル等、ハーブがすごく上手に使われているのが印象的でしたね。

@eatsleep_travel_kanaが投稿した写真

ハーブの苦手な方にはあまり馴染めないメニューも多いかもしれませんが、料理が美しく、おいしく、高すぎないという素晴らしいレストランでした。エストニアらしさには欠けるかもしれませんが、もともとビーチリゾートが大好きな私にとっては、タリンで一番気に入ったお店になりました。

旧市街エリアから車で30分程度、時間に余裕のある方は是非、モクテルと軽いお食事だけでも立ち寄ってみて下さい。

NOA Restaurant

住所:Ranna tee 3, 12111 Tallinn
営業時間:12:00~23:00 ※日曜日は22:00 金・土曜日は24:00閉店

 

3 follow us in feedly

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です