かわいくて丈夫なSEASALT(シーソルト)のエコバッグ

エストニアと関係ないようである話なのですが、今日オンラインショッピングしたイギリスのお店の商品がやっと届きました。SEASALTというメーカーのエコバッグです。

日常何気なく使っているレジ袋ですが、近年石油資源への負担、ゴミの増加、動物の誤嚥などが問題となっています。そのためか、エストニアではスーパーマーケットのレジ袋は有料で、必要な場合一枚約0.2~0.4ユーロ払って買わないといけません。

最近は日本でもレジ袋有料の環境に配慮したスーパーが増えてきていますが、ヨーロッパではその傾向がもっと強く、例えばフランスでは今年からスーパーマーケットでのレジ袋の配布が全面的に禁止されました。お金を払っても使い捨てのレジ袋はもらえなくなったということです。

そんなヨーロッパではエコバッグの種類がとても豊富で、日本でよくある小さく折りたためる化学繊維のエコバッグだけでなく、ジュート(麻)のバッグもよく売られています。

ジュートバッグを売るお店は数あれど、私はこのイギリスのメーカーSEASALTのバッグが数年前からお気に入りになっています。

ジュートバッグのメリットデメリット

ジュートがなぜエコバッグに使われるようになったかというと、まずは、生産時に排出される廃棄物の処理が環境にかける負荷が小さいためです。石油ではなく、麻を使っているためですね。麻は育てやすく、虫害にも強いため、あまり殺虫剤などを必要としないそうです。

また使用した後廃棄しても、草が材料なだけに分解されやすいです。ビニール袋は森や海にいつまでも残って、動物が食べて死んでしまうといった問題がありますが、麻であればそのような問題は起こりづらいです。

このような環境負荷の小ささに加えて、バッグとして使用する場合には、人の側にもメリットがあります。

まずは、とても丈夫なこと。服やバッグに使われる天然素材の中では最も丈夫らしいです。私のジュートバッグも2年半くらい、ほとんど毎日、買い物にビーチバッグにサブバッグにと酷使しましたが、まだ現役です。ただ、だいぶヨレヨレにはなっていて、ついに先月小さな穴が開いてしまったため、新しいバッグを購入することにしたわけですが・・・。

そして、ジュートバッグは持ち手の部分がしっかりしていることが多いので、重いものを運んでも、化学繊維のエコバッグのように手に食い込まず痛くないです。

そんな良いところだらけのジュートバッグですが、欠点はとにかくかさばること。化学繊維のバッグと違って小さく折りたたむことができないため、バッグの中に常備しておくことができないんですよね。

スーパーマーケットのロゴ等が入ったジュートバッグを持ち歩くのは、スーパーマーケットに直行するならまだしも、外出のついでにスーパーによりたい場合はちょっと気が引けます。

そんなわけで、エコバッグとしてジュートバッグを活用しようと思ったら、見せることを前提としたかわいいデザインのものがほしくなると思います。

SEASALTのジュートバッグ

Seasalt Cornwallさん(@seasaltcornwall)が投稿した写真


そんなメリットデメリットがあるジュートバッグですが、かわいくてスーパーに行く時以外も持ち歩くのが苦にならないジュートバッグとして私がとても気に入っているのが、SEASALTのジュートバッグです。上の公式インスタアカウントの画像で、天井にかけてあるバッグです。

最初にここのジュートバッグに出会ったのは、東京のLOFTでした。海をモチーフにしたデザインがとってもかわいかったのですが、小さなエコバッグに一個3400円・・・。

高い!とは思ったものの結局購入。予想以上に使い倒しているので今は高かったと感じません。化学繊維のバッグと比べると耐水性が低いジュートバッグですが、SEASALTのバッグは撥水加工がしてあるので多少汚れてもさっと拭けばきれいになります。

コンビニやスーパーへのちょっとした買い物だけでなく、旅行好きとしては旅行時のサブバッグとしてもとっても優秀でした。ビーチやプールに日焼け止めやドリンクを入れて持って行ってもよし、機内で必要なものを入れて手元に置いておいてもよし、公園にサンドイッチと本を入れて持って行ってもよしと何かと使い勝手がいいです。

このメーカーはイギリスのコーンウェルで創業されたのですが、海の近くなだけに、最初は漁師さんなどに向けたワークウェアを作っていたそうです。そんな経緯があって海モチーフのかわいいデザインで丈夫な商品がたくさんあるんですね。

日本で買うと3400円もしたのですが、公式オンラインショップではデザインの種類が豊富な上、小さいサイズの場合なんと2個で7ユーロ・・・。1個500円しないんです。送料はエストニアまでだと8.40ユーロするのですが、それを考慮しても安いです。

たくさん買いたくなりますが、たくさん買ったらエコバッグというそもそもの目的に反するので、なんとか2個頑張って選びました。季節限定デザインもあるのでかなり迷いましたが・・・。いろんなデザインから最終的に決めた春~夏用のビーチモチーフのバッグと、秋~冬用のノルディックニットみたいな柄のバッグの二つです。

ここのジュートバッグは日本でも楽天などの通販やセレクトショップでワンシーズン遅れぐらいのデザインが手に入りますが、本店のウェブサイトからも直接購入できます。日本までだと送料15ユーロで、最大3週間かかりますがそれでも国内で買うよりだいぶ安いですね。

私は小さいサイズのを愛用してますが、もっと大きなサイズのもありますよ。


実は今回配送がおくれてたので、カスタマーサービスに問い合わせたのですが全く返信が返ってこなかったことだけが若干不満でしたが、最終的には無事に届いたので気にしないことにしました。イギリスのサービスが良いという話は聞いたことがないですし・・・。

SEASALTはジュートバッグ以外にもパジャマや手袋等の小物、洋服も売っていて、どれも色づかいが素敵です。イギリスには店舗もたくさんあるみたいなので、イギリスに行く機会があったらお店も立ち寄ってみたいですね~。

公式オンラインショップ(英語のみ)はこちらから!

3 follow us in feedly

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です