テイクアウトもできるタリンのお手頃チェーン系ファストフード4つ

とにかく提供が早くて、安く、営業時間も長いチェーン系ファストフード店は、テイクアウトもできるので、Airbnbやアパートメントホテルに中~長期泊まっていて、料理はめんどくさいけど、さっと部屋でご飯を済ませたい人にも便利ですよね。

タリンにはマクドナルド、サブウェイといった世界中に展開しているファストフード店も数は多くないもののあることはあるのですが、今回は日本でみかけないヨーロッパ発、あるいはエストニア発のお店を集めてみました。

カスタマイズできるアジア料理テイクアウトWak to Walk

ヨーロッパ全土に展開する人気アジア風ファストフード店。発祥はアムステルダムだそうです。タリンでは旧市街のヴィル門のすぐ近くに一軒あります。

ヨーロッパの人がアジア旅行でインスピレーションを得て作ったアジア「風」レストランなので、本格的なアジア料理を求めていくと味付けがおおざっぱすぎてなんか違うな~って感じですが、5ユーロ前後でアジアっぽい味が食べられるので、欧州料理のチーズとポテトとクリーム、バターの味に飽き飽きしたら行ってみてもいいかもしれません。

ここはシステムがなかなか面白くて、完全に自分用にカスタマイズしたアジア風ごはんをオーダーできるんです!

まず、ベースを選び(麺やごはん、ベジタリアンの人は野菜ミックス)、それに好きな具材(お肉やシーフード、キノコ類等)を載せます。そしてトッピング(パクチーやナッツ等)を好みで追加したら、アジア各国の名前がついたソースを選んで完了。ちなみにTOKYOソースはテリヤキソースでした。選んだ具材によっては追加料金が加算されます。

あとは選んだ内容を店員さんが中華鍋で炒めて、出来上がったらあなたの名前で呼んでくれます。料理は店内で食べる場合はお皿に、テイクアウトの場合は紙容器で提供されます。

私が行った時は、エッグヌードル(焼きそば麺みたいなやつ)+野菜&卵をベースに海老を具材として足して、トッピングにパクチー、ソースはサイゴン(ガーリック&ペッパーソース)にしてみました。7ユーロくらいだったかな。野菜と卵だけにすれば5ユーロ以下にもできます。

味はソースの味が濃すぎてちょっと微妙でしたが、まぁまぁ食べれる感じでした。自分のカスタマイズ次第ではもっとおいしくできるのかもしれないので、また行ってみようかなと思ってます。次はライスヌードルでオーダーしてみよう。

公式インスタグラムは下の画像をクリック。公式サイトはこちら

Wok to Walkさん(@woktowalk)が投稿した写真

なんでもありなアジア系料理テイクアウトChopstick

タリンに何軒あるのかわかりません、どこに行っても見かける赤い看板のアジア料理テイクアウトチェーンです。中華、タイ、インドと、とにかくアジアっぽい料理がなんでもかんでもメニューに載っています。安い早いのファストフードのわりに綺麗で落ち着いた内装ですね。メニューの品数がやたら多いのが不安をよびますが・・・(ちゃんと作ってなさそう)。

ここは6~8ユーロの料理が多いのですが、ランチメニューは3.5ユーロと激安です。週末でもランチスペシャルをやっているのはタリンではめずらしいですね。ごはんか麺に、豚・鶏・羊料理から1品選んだものを乗せて出してくれます。

私は麺にラムの炒めた料理が乗っているのを頼んでみました。タリンの飲食店は値段と量が反比例するというか、とにかく提供量が多いです。

う~ん、やっぱりwoktowalkと同じように味が濃いな・・・。なんかタリンのアジア料理って、本格的な一部のタイレストランとインドレストラン以外は、炒めものにアジアっぽいソースをかけとけばいいみたいな感じを受けますね・・・。これがヨーロッパで求められているアジア料理なんだろうか。

このレストランは、とにかくどこにでもあって、提供も早く、味も大丈夫な範囲ではあるので、急にアジア風料理が食べたくなった時には行ってもいいかもしれません。公式ホームページはこちら

似たようなアジア系テイクアウトとして、タリンにはもう一種類CHIというお店がありますが、こちらはまだ未体験です。

フィンランド発のハンバーガーチェーンHesburger

フィンランド発のハンバーガーチェーン、ヘスバーガー。これもタリンにたくさんあるファストフードです。ドライブスルーになっていることもあります。

要は北欧版マクドナルドなのですが、強いて特徴を探すとすると、黒パンのハンバーガーがあることとドリンクにスムージーがあることくらいでしょうか・・・。

値段は日本のマックと同じくらいですね。なんとなく興味をそそられず、まだ購入したことはありません。

番外編:R-kioskのフードコーナー

ファストフードというかコンビニのテイクアウトなのですが、日本でいう肉まんやおでんのように意外とちゃんとしていておいしいです。ホットドック風のスティックと、パニーニしかありませんが、日本でいうスタバとかエクセ、ドトールのフードくらいのクオリティはあります。お茶やコーヒー等ドリンクのマシーンも横にあるので便利です。

よく子供たちが集団で買って食べているのをみかけますね。そのへんも日本の肉まんとの共通点を感じます。


以上、タリンのチェーン系ファストフード店でした。

中華やインド、タイ料理のもっとおいしいテイクアウトができてほしいですね~。ビザ発給条件のせいなのか?タリンに来ているアジア系の外国人・移民はIT系技術者の人ばかりなので、料理人ももっと来てほしい気持ちです。

3 follow us in feedly

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です