エストニアの苺でヘルシーデザート「ナイスクリーム」

ローカロリー、ローファットで砂糖不使用のバナナをベースにしたアイス、「ナイスクリーム」。アメリカ発?だったと思うのですが、最近専門店もできたりしているらしいですね。タリンではお店を見たことないのですが、家でも簡単に作れるので、時々作っています。

アイスやフラペチーノっておいしいですけど、カロリーも脂質も高いですよね。砂糖もたくさん使われてるので、健康・ダイエット的な意味で、あまり気軽に食べられない・・・。その点、ナイスクリームは低カロリー、低脂質、ノンシュガーなので、比較的ヘルシーです(もちろんたくさん食べたら太るとは思いますが)。

この週末は、今が旬のエストニアの苺を使ってナイスクリームを作ってみました。

エストニアは今、どこに行っても山盛りの苺が売られています。エストニアの苺はわりと大きめで丸っこいのが特徴ですね。甘くておいしいです。

大きなパックにいっぱい入って3€くらいで売られているのですが、苺はすぐ傷んでしまうので、食べきれないぶんを凍らせて、後日ナイスクリームに活用することに。

レシピがいらないほど簡単に作れるナイスクリーム。まずはベースであるバナナ(1本)とフレーバー用の苺(6個)を輪切りにしてタッパーで冷凍。

以前太めの輪切りで冷凍してしまい、撹拌に時間がかかってしまったことを教訓になるべく薄く切りました。

1日後・・・凍ったフルーツの半量をココナッツミルク大さじ一杯と一緒にフードプロセッサーに入れます。これで1人分。うちのフードプロセッサーは小さいので1人分ずつ作りました。

滑らかになるまで撹拌して完成!

@eat_sleep_travel.xyzがシェアした投稿


今回はココナッツミルクを使ったので、ヴィーガン仕様でもあります。ココナッツオイルをたすとコクがでるらしいのですが、今回はカロリー的な観点から入れませんでした。オイルなしでも爽やかな感じで、これはこれでおいしいと思います。

ナイスクリームは一般的なアイスと比べて、カロリーも脂肪分も半分くらいだそうです。砂糖不使用なのですが、バナナの甘さだけでもかなり甘く感じますね。

果糖はもともと甘みが強いのと、低温で甘さが増すらしいので、冷たいお菓子の材料にぴったりなんですね~。

凍らせたバナナスライス + 好みのフレーバー(コーヒー、抹茶、凍らせたフルーツ等) + 水分(牛乳、ココナッツミルク、アーモンドミルク) + お好みで油分(ココナッツオイルやオリーブオイル) で簡単にできるナイスクリーム。フードプロセッサーを洗うのが面倒なことをのぞけば、すごく簡単に作れるデザートです。

ゆるめに作ればシェイク風にもなります。今回作ったのは一人分で100キロカロリーちょっとなので、スタバのフラペチーノSサイズの半分以下のカロリーですね。

材料を凍らせなきゃなので、思い立ってすぐ作れないのが難点ですが、バナナや果物が傷みかけている時等にちょくちょく凍らせて、この夏もっといろいろなナイスクリームを試したいなと思っています。

エストニアのスーパーの冷凍食品コーナーにはフローズンフルーツが豊富なので、そういうのを買って作ってもいいかもですね!

3 follow us in feedly

2件のコメント

  1. 7月中旬に、タリン、ヘルシンキ訪問しました。観光です。2泊3日したんで、旧市街だけではなく、バルティック駅の先の廃墟の再生、現代アート博物館(休館で入れませんでした)など、楽しみました。
    西欧にありがちな威圧的感じがないいいまちですね。もっと、エストニアンライフに触れたいと思ってましたが、それは、次回のお楽しみにします。
    応援しています。

    1. コメントありがとうございます!2泊以上だと、旧市街以外のタリンも見ることができていいですよね。
      意外と?リピーターも多い街なので、是非またタリンにお越しください~。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です