エストニアで犬を飼う

少し前の話になるのですが、今年は我が家にわんこがやってきました!

チェコの超小型犬「プラシュスキー・クリサジーク」のオスカー君です。

 

View this post on Instagram

 

YOKOさん(@eat_sleep_travel.xyz)がシェアした投稿

成犬でも2㎏~2.5kgくらいと、チワワとならぶ小さな犬種なのですが、到着時はまだ2か月だったので、モルモットのようなサイズ。

うちには先住猫のリリさんがすでにいるので、仲良くできるかちょっと不安がありながらも、ブリーダーさんに相談をしたところ「ちゃんと慣らせば大丈夫!」との回答をいただきました。

猫と犬を一緒に飼う場合、犬が先で子猫があとから来るか、子犬と子猫が一緒に育つ方が馴染みやすいらしいのですが、リリさんはおだやかな女の子なので、子犬をいじめたりはきっとしないでしょう。

去年から今年にかけては、ねこ、わんこ、娘ちゃんと、家族が大きくなった一年でしたね~。

チェコ出身の超小型犬プラシュスキー・クリサジーク

私たちは、この先、どの国にどの程度の期間住むのかあまりはっきり決めていないため、動物を飼うにあたっては、飛行機で機内の足元にケージを置いて、一緒に連れていけるサイズというのが前提となっています。

日系の航空会社は、ペットは貨物室しかダメなのですが(2018年現在)、ヨーロッパの航空会社はケージ込の重量が一定以下なら、一緒にキャビンに乗り込めるのです(エストニアから飛んでいる会社だとフィンエア、エアバルティックなど)。

猫はまずこの重量制限にひっかからないのですが、犬の場合、このサイズにあてはまるのは、チワワなど一部の犬種のみ。いろいろと検討した結果、小さいながらも犬らしい美しい体型とフレンドリーな気質に惹かれて、この「プラシュスキー・クリサジーク」という犬種に決めました。

私は子供のころ柴犬を飼っていたのですが、気質の違いにびっくり。クリサジークは、とにかく人が好きで甘えん坊なわんこです。

日本語でクリサジークについて説明しているサイトには「三度の飯よりお膝の上が好き」と書いてあったりするのですが、本当にその通りです!

エストニアで犬を購入する

リリさんがうちに来た時に投稿したポストでも触れたのですが、エストニア(たぶんヨーロッパの他の国の多くも)では基本的に犬・猫をショーケースにディスプレイする、よく日本で見かけるタイプのペットショップはみかけません。何らかの法規制があるのでしょうか?

なので、犬や猫を飼う場合は、知人にもらう、あるいはシェルターから引き取る、特定の種類の猫や犬が欲しい場合はブリーダーさんに直接売ってもらうことになります。

リリさんはタリンアニマルシェルターから来た保護猫だったのですが、わんこの場合は、小さな犬種がシェルターにいなかったため、クリサジークを飼うことに決めた後、さっそくエストニアの港町パルヌに住むブリーダーさんに連絡をしてみました。森の中の大きな家で、のびのびとクリサジークを育てているブリーダーさんです。

すると、無理な繁殖はさせていないため、次に子犬が産まれるまで1年~待つことになるとのこと。子犬が産まれたら連絡をもらうことにして、この連絡をした時点から約1年待ちました。

エストニアでのペットとの生活

そして2018年の2月についにオスカー君が我が家にやってきました!

エストニアは日本に比べると、賃貸でもペットOKの物件が比較的多く、うちも敷金を追加で払うことでペット飼っても大丈夫との許可を大家さんにいただいています。

公共交通にも一緒に乗れますし、レストラン・カフェ、ショッピングモールも、半分くらいはペットと一緒に入っても大丈夫です。

ホテルも一緒に泊まれるところが多いので、旅行の際も事前に確認すれば連れていけます。タリン市内ですと、2018年11月現在、Kalev spa hotel、Park Inn by Radisson Meriton Conference & Spa Hotel Tallinn、Pirita SPA Hotel、Savoy Boutique Hotelはペットとの宿泊が可能です(追加料金が必要な可能性あり)。

レンタカーもケージから出さなければ一緒に乗ってOKでした。


最初はモルモットサイズだったので、ねこのリリさんも何の生き物と認識していいか困惑していた気がしましたが、そんなオスカーもすくすく大きくなって、最近はベッドの上でリリさんとふたり並んでくつろぐ姿も見かけるようになりました。

ごはんの時間には相変わらずたまに威嚇しあってますが、いつか寄り添ってお昼寝してくれるようになったらいいな~と思っています。

follow us in feedly

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください