旅するアクセサリー作家@エストニア

まだ旅行先としてはマイナーなタリン、数日の滞在だと何していいかわからないと言われることもありますが、こぢんまりしたかわいい街並みや穏やかな雰囲気を気に入ってリピーターとなる日本人の方もいらっしゃいます。

私や夫の友達たちの中にもタリンに複数回遊びに来てくれている人がいるのですが(夫の友達にいたっては引っ越してくるかも)、2018年のクリスマス~年末には、夏にタリンに来られた際に旅のお手伝いをさせていただいた方(我が家の空いているお部屋滞在&レストラン手配、街のご案内)が、タリン再訪をしてくれました!嬉しい!

ハンドメイドアクセサリー作家@orange_garden8さんです。

 

View this post on Instagram

 

orange gardenさん(@orange_garden8)がシェアした投稿

彼女が旅先で見つけた素材等を使ったあたたかみのあるハンドメイドアクセサリーはオンラインショップの他、下北沢の店舗などでも購入できます。

彼女は、夏の訪問の際にひととおりの主要名所は制覇されているので、今回はクリスマスマーケット+のんびりショッピング、スパ、レストランめぐりといった感じでタリン滞在5泊6日を満喫されていました。

冬のタリンは観光客がグッと減りますが、夏とは異なる雰囲気でまた違った良さがあります。

 

View this post on Instagram

 

orange gardenさん(@orange_garden8)がシェアした投稿


今回のタリン滞在についてブログ(こちらからどうぞ)に詳しく書かれています。旧市街以外も楽しみたい方向けに、タリンの旅のヒントがたくさんつまってますので、是非チェックしてみて下さい。

スパはViruショッピングモールの中のNatura sibericaと、ビーチエリアPiritaにあるローカル感満載のViimsi Spaに行かれてました。Natura sibericaは私も何度か行ったことがありますが、気軽に立ち寄れる立地とお値段、そして丁寧な施術がなかなか良いです。Viimsi Spaは、スーパー銭湯っぽかった!との感想をいただきましたが、エストニアの人々が家族や、時には会社で貸し切って楽しむスパ&サウナ文化の一端を垣間見れる機会なのかもしれないですね。

今回も我が家に宿泊されたのですが、うちのわんこのオスカーや赤ちゃんとも遊んでいただき(猫のりりさんはあいかわらずの傍観)、最終日には旧市街のハンドメイド雑貨スポット「聖カタリーナの小路」の帽子ショップとレストランにご一緒して、一緒に帽子を選んだりしました。楽しかった!

一つ一つ手作りだという帽子のショップ ↓ 。店員さんが似合うのを選んでくれます。

タリンの前にワルシャワで乗り継ぎついでに観光もされたとのことで、お土産にポーランドのチョコもいただいてしまいました。ハートの形がかわいらしい。

@orange_garden8さんのアクセサリーは揺れる系ピアスが素敵で、私もそういうデザインのピアスは大好きなのですが、0歳児娘ちゃんが最近つかむ→引っ張るを覚えたため、耳たぶを引きちぎられないためにもしばらく揺れる系ピアスはおあずけとなっています。もうちょっと娘ちゃんが成長したら、是非@orange_garden8さんのアクセサリーを楽しみたいですね!


旅好き人間としては、他の個人旅行者の方の旅に関わらせていただくのは、とても楽しくいつも新たなタリンの魅力を発見させてもらえます。

いつの日かエストニアでB&B(ベッド&ブレックファスト)とかやってみたいな~(リリさん&オスカーがお出迎え係)と思う2019年新年でした。

今年もよろしくお願いいたします!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください