エストニアのスーパー散策:エストニアっぽいアイス①

旅行と言ったら現地のスーパーマーケット探索派の人は少なくないと思いますが、私もその一人。

エストニアに引っ越してきて、そろそろ3年ですが、まだスーパーには新しい発見があります。

最近、母乳育児のため一日の摂取カロリーに余裕が出てるので、スーパーで「これ、エストニアっぽい!」と思ったアイスをいくつか買ってみました。

結論から言うと、あんまりおいしくなかったのですが・・・、エストニア訪問記念に、もし良かったら試してみて下さい~。

①ハチミツチョコアイスコーン

エストニアのチョコレートメーカー「カレヴ」はお土産の定番ですが、その中でも人気のハチミツチョコと同じパッケージのアイス。

陽気なくまちゃんのパッケージが特徴です。子供向けお菓子っぽいイメージで、チョコの方も最近まで食べてなかったんですが、食べてみたらそちらはハチミツの風味が感じられてなかなかおいしい。

というわけで、アイスも期待して食べてみました。

あ、コーン系のアイスなんですね。なんとなくチョコモナカみたいなの想像してた・・・。バニラアイスみたいなのが、薄いチョコでコーティングされてます。

んん、なんか薄いな・・・。すべてが薄い。中のバニラアイスもだし、チョコも薄い味がする。そして、コーンもしなしなです。すべての構成要素があんまりおいしくない!

チョコの方が全然おいしいので、絶対そっち買った方がいいかも。

②ヴァナトーマスキャラメルアイス

タリン旧市街の中心にあるラエコヤ広場のシンボル、旧市庁舎の屋根についている飾りは兵隊さんの形をしているのですが、その名前が「トーマス」。ヴァナトーマスは、トーマスおじさん、というような意味だそうです。

旧市街のシンボル的なキャラクターのトーマスおじさんとエストニア国旗があしらわれたパッケージ。これはさすがにエストニアでしか売ってないのでは・・・?キャラメルアイスのようですが・・・。

これもバニラアイスっぽいのを薄いキャラメルの層でコーティングしてあります。

さっきのクマアイスコーンと似てるな~と思いつつ食べると・・・。

やっぱり、なんか味が薄い!何だろう、乳固形分が少ない感じなのかな。まぁ、価格がかなり安いのでしかたないのかも?

③チェリーシャーベット

これはフルーツ系のシャーベットバーシリーズのひとつで、他にもマンゴー味などがありますが、日本でチェリーシャーベットって、コンビニであんまりみないな、と思って買ってみました。

エストニアは夏になるとチェリーがマーケットに山積みになるし、チェリーシャーベットはある意味エストニアっぽい。

わりとしっかりチェリーだな。これは3つの中では一番おいしいかも??シャーベットとアイスの中間みたいな感じ。これはもう一回買ってもいいかも?

原材料みたところ、チェリーピュレが30%も入ってます。50セントのお値段なのにすごい!


あとは、スーパーの商品の中でハーゲンダッツとかベンアンドジェリーズを除くと、エストニア発のオーガニックアイスクリームメーカー「La MUU」のアイスは美味しいです。

他のアイスの2~3倍と高級品なのがネックですが、テリスキヴィクリエイティブシティに去年、ショップも開店して、なかなか地元タリンでも人気みたいです。

定番バニラなどの他、マスカルポーネ × ブルーベリーとか、個性的な味も。

 

View this post on Instagram

 

La Muuさん(@lamuujaatis)がシェアした投稿


あとおススメは、以前エストニア人の知り合いにいただいたエストニアのお酒、「ヴァナタリン」のアイス。チョコと甘い香りのお酒がいい感じ。

今月は独立記念日もあるので、エストニア国旗(青、黒、白のストライプ)アイスも売られてますよ~!

この国旗アイス、実は味が薄くてあんまりおいしくないのですが、お祝いの意味で試しに購入してみてもいいかもしれません。

お土産では持って帰れないアイスですが、エストニア滞在期間中のデザートに是非~!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください