エストニア夏の首都パルヌ 癒しのヘドンスパホテル



こんにちは!ブログを訪問してくれてありがとうございます。 初めましての方はこちらもどうぞ→ このブログについて

エストニア夏の首都と呼ばれるビーチタウン、パルヌに旅行してきた私たち。

タリンから車やバスで2時間ほどと、すぐアクセスできるので週末を使って、1泊二日の旅行でした。

いつもはAirbnbもよく利用する我が家ですが、今回はちょっと泊まってみたいところがあったので、ホテル泊。

パルヌのシンボル的なホテル、ヘドンスパホテル(HEDON SPA & HOTEL)です。

ヘドンスパホテル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hedon SPA & Hotelさん(@hedon_spa)がシェアした投稿

パルヌのビーチ沿いにある、このピンクのかわいい建物がヘドンスパホテル。

19世紀初頭に作られた木造のスパ施設が第一次世界大戦中に全焼後、20世紀に入ってから、石造りのスパホテルとして復活したというこのホテル。

現在は新館も建設され、歴史ある旧館と近代的な新館、どちらかの客室を選べるようになっています。

新館 ↓ は、海に面しているのでバルコニーから海が見えるかも?

普通の宿泊プランにも、スパ施設の利用と朝食も含まれているため、のんびりホテルステイが楽しめます。

公式サイトからのオンライン予約が一番お得っぽかったので、旅行の1週間まえくらいに予約を入れました。

赤ちゃんと犬連れだと伝えたところ、無料のベビーベッドと、犬用毛布とお皿も用意してくれるとのことでした(ペット宿泊自体は有料)。ペットと泊まれるのは旧館のみで部屋数が少ない点は注意です。

あと、公式サイトからの予約の場合、スパークリングワインがボトルでウェルカムドリンクとして用意されてました。

ヘドンスパホテルのステイ

パルヌに午前中到着し、チェックイン時間までまだ少しありましたが、とりあえず車を置きに。

こちら旧館の入り口。

駐車はホテル横に無料で可能です。旧館の入り口はスパ施設の入り口になっていて、チェックインは新館の方でしました。中でつながっているので、どっちから入っても大丈夫ではあるのですが。

旧館の方は、なんだかリゾートな雰囲気。新館レセプションはもうちょっとビジネスホテルっぽかったかな。

この中庭には外プールもあります。

まだシーズンではないのでクローズ中…。

お部屋は落ち着いた雰囲気でとっても清潔。旧館の方は、壁にパルヌとスパの歴史についてのパネルが飾られています。

シャワートイレルームも広々していて、気持ちが良かったです。

今回泊まらなかった新館の方は写真を見る限り、北欧っぽいグレーと青を基調にした爽やかなインテリアで、素敵な感じ。どちらかというと、そっちに泊まりたかったのですが、犬連れなので不可とのこと…。

赤ちゃん用ベッドは到着した時に、すでに設置してくれていました。ベッドの底がぽよんぽよんするのが面白いのか、転がって楽しむ娘ちゃん。

レセプション前にキッズルームもありましたし、家族連れ向きホテルですね〜。

 

あまりホテルスタッフが館内におらず、自分たちで好きに過ごす感じだったので、サービスの質はよくわかりませんが、レセプションの方は感じが良かったです。

犬や赤ちゃんに関して事前に問い合わせメールを送った際も、迅速に丁寧に返信をくれました。

ちょっと残念だったのが朝食。品数が少ないのと、残念なことに、どれもあまり美味しくなく。ビジネスホテルの朝食のような感じでした。

普通に食べれるんですが、エストニアのホテルは朝食がコスパの良いところが多いイメージだったので、少しがっかり。

ヘドンスパホテルのスパ施設

今回、春に訪れたため、パルヌのメイン観光地であるビーチはそんなに楽しめなかった(あと犬連れてビーチは入っていけないと看板に書かれていたのです…)ことと、せっかくのスパホテルだけにスパを楽しみたい!と思って、到着後すぐホテル内のスパに行ってみました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

YOKOさん(@eat_sleep_travel.xyz)がシェアした投稿

室内のスパエリアには、この大きなプールと、浅い子供用のプールがあります。うちの娘ちゃんはまだ小さすぎるので、プールには入りませんでしたが、浅いプールで遊んでいるお子さんはけっこう見かけましたね。

エストニアのスパホテルのプールって、レジャーな感じの雰囲気が多く、リゾート感が薄いのですが、ヘドンスパのプールはなかなかいい感じ。サウナとカフェも併設されています。

休憩エリアもフルーツウォーターと、ハーブティーが置かれて、リラックスできました。

新館と旧館を結ぶエリアにあるスパエリアは、間接照明が安らぐ感じで、パルヌのスパの歴史の展示があります。

追加料金で入れる、大人専用のサイレントスパエリアというのもあったので、子供がいない空間でのんびりしたいという方も楽しめるかとは思います。

様々なマッサージやエステも比較的リーズナブルにできるので、女子旅にも良さそう。宿泊とスパのトリートメントやレストランでの食事がセットになったお得パッケージも何種類かありました。


オフシーズンなら、スパへのアクセスと朝食つきで、オフシーズンなら部屋料金10000円以下からとなかなかお得なヘドンスパホテル。

エストニア、フィンランドに深く根づくスパ文化を体験するのに、おすすめのホテルでした!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください