パリのアパルトマンに泊まろう。おすすめAirBnB!



こんにちは!ブログを訪問してくれてありがとうございます。 初めましての方はこちらもどうぞ→ このブログについて

2019年、この夏、仏人夫と私両方の両親、そして娘ちゃんと犬、みんなで行ったパリ旅行。

滞在先は普通にホテルも考えたのですが、せっかく3家族集まるのでアパートメントの方がみんなで集まってワイワイできるかな、とAirbnbで手配しました。

なにより、日本の本屋のインテリアコーナーで関連本をみないことはない、「パリのアパルトマン」に泊まってみたい気持ちもあったのです。

高い天井、大きな窓、オスマン様式の古い建物をそれぞれの住人が個性的にリノベ…。そういう住宅…素敵…!

犬と赤ちゃん連れで、前半は大人4人、後半は大人6人という人数で快適な宿泊先を探すのはなかなか大変でしたが、結果的には大満足でした!

白亜の寺院サクレクールを望む モンマルトルのアパルトマン

一箇所目の宿(私たち家族3人と私の両親で泊まりました)は、スーパーホスト(過去の滞在者からの評価が高く、ホスピタリティが素晴らしすぎるホストさん)であり、過去レビューで「Airbnbのイメージを変えた!」と大絶賛されていたこのアパルトマン。

下のリンクの写真の > ってところをクリックすると、お部屋の様子が見られます。外国のお部屋って感じでかわいい〜!

飛行機が遅れてしまい、予定より遅めの到着になってしまったのですが、バケーション中のホストさんに代わって、お友達とその娘さんがあたたかく迎えてくれました。

お部屋の設備の説明を受け、鍵を受け取り、帰り際には近隣の観光、食事のオススメもできるから、いつでも連絡してね!と電話番号もいただきました。

とにかく素晴らしかったのは窓から見える景色!

パリのアパルトマンに特徴的な大きな窓から見えるのは、パリで一番高い丘であるモンマルトルの丘の上にそびえ立つ白亜の教会サクレクール。比較的新しい教会(19世紀の建築です)ですが、真っ白なのと高い場所にあるため、空にぽっかり浮かぶような姿が印象的なパリの象徴的存在のひとつです。

この素敵なアパルトマンからは、私たちと両親、どちらの寝室からも、そしてダイニングルームからも、バルコニーに茂るお花やグリーンとともに、日中は青空に白く輝く、そして夜はライトアップされたサクレクールが視界に広がります。

徒歩圏内には、朝早くからオープンしている有名なパン屋さんもあり、すぐ下にはブラッスリー、そしてベトナム料理のテイクアウトもあり、お部屋にもホストさんが用意してくれたコーヒーや紅茶、クラッカー、ワインやオレンジジュースまで揃っているという充実ぶり。

朝起きて、近所のブーランジェリーで買った焼きたてのパンと、キッチンで入れたエスプレッソで朝食を取りながら、窓を開けると、青空に映えるモンマルトルの風景。

 

この投稿をInstagramで見る

 

YOKOさん(@eat_sleep_travel.xyz)がシェアした投稿

すごく「パリに滞在してる」感が味わえるお部屋でした!

サービスアパートメントのレンタルだと設備は整っていても、良くも悪くもどこかホテルっぽい雰囲気が漂うものですが、ここはまさに暮らすように気持ちですごせます。リビングには暖炉、バスルームにはバスタブがあり、ゆっくりくつろげました。

唯一のネックは治安があまり良くないと言われるエリアなので、確かに通りによってはあまり雰囲気が良くなかったこと。最寄りの地下鉄駅が二つあるのですが、東側にある駅の方は改札あたりでiphoneでマップを見ていたところ、通りすがりの地元の女性に「ひったくられるから、気をつけなさい!」と注意されました。ホストさんも、おしりのポケットに入れていたスマホをすられたことがあるそうです。

西側にある地下鉄駅は多少マシな雰囲気でしたが、このエリアは夜間1人で歩きまわるのは微妙そう。もともと、モンマルトル自体、下町的な存在なので、しかたないのですが。

新幹線が発着するパリ東駅、北駅まで徒歩でアクセスできるので、今回の私たちのスケジュールのように、パリ近郊への日帰り旅行が何度か入っている場合は便利な立地ではあったのですが、ターミナル駅周辺てヨーロッパではあんまり治安が良くないことが多いんですよね。

悪くはなかった、ラデファンスのサービスアパートメント

もう一軒、夫の両親も到着してからの後半滞在したAirbnbがあったのはパリのビジネスエリア、ラデファンス。高層ビルが立ち並ぶ近代的なエリアならではの、新しいビルの一室。

大きなエレベーターもついていて、便利は便利。パリの古い建物はエレベーターが小さいのでベビーカーは畳まないと載せられないんですよね。

こちらも広いバルコニーがあって、全然悪くなかったんですが、最近増えているというAirbnbを不動産投資としてやっている人がホストだったっぽく。キーボックスでチェックイン、必要最小限の指示がメッセージで送られてくるという、最近Airbnbで増えているビジネスライクなお部屋。

個性的で唯一無二のお部屋に泊まれる、地元を愛し、旅人をもてなすのが好きなホストさんのホスピタリティに触れるというAirbnbの本来のコンセプトとは、ちょっと違うかなという感じでした。

こういうAirbnbは大抵プロの清掃が入ってるので清潔ですし、キーボックスで24時間チェックインできて、悪くない、ほんとに全然悪くないんですが、それならホテルでもいいかなーって気もしてしまうので、選べるならやっぱり個性のあるお部屋に泊まりたいですね〜。

今回はペット可、人数多いという縛りがあったので、かなり選択肢が少なかったのです。


Airbnbって、バックパッカー向け、みたいなイメージも日本だとあるようですが、最近はAirbnb Luxとやらもローンチし、ホテル以上に高級なお部屋も増えているAirbnb。

今回みたく、お手頃な価格帯でも、ホテルより個性的なお部屋に暮らすように滞在できるので、印象に残る旅にしたい個人旅行の方にとてもオススメです!

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください